2017年9月3日日曜日

iOS版Opera Miniがアップデートで使いにくくなる


iPhoneでブラウザとしてOpera Miniを使っているのですが、引退する時が来たかもしれません。
アップデートで非常に使いづらくなりました。


スピードダイアルでニュースを出すようになった


今回のアップデートの最大の改悪はスピードダイアルの変更です。
誰が望んでいるのか、ニュース記事を出すようになりました。
今のところ、このニュースを非表示にする設定はありません。

そして、ニュースが場所を取るようになったことでリンクのアイコンの表示が小さくなりました。
タッチデバイスでこれはなかなか困った変更です。


起動のたびにニュースの更新が行われるので通信が発生する


iPhoneでわざわざOpera Miniを使っている人の目的は「通信量を抑えたい」が理由の人が多いと思います。
Opera Turboのデータ圧縮は便利です。

しかし、そんなOpera Miniで起動のたびにニュースの更新で通信が発生するのは困ります。
通信量が少量であろうと節約したい人からすれば良い気分にはなりません。


ステータスバーとアドレスバーがずっと赤い


今回のアップデートで一番意図が見えない変更がステータスバーとアドレスバーがずっと赤いことです。
ポカリスエットのサイトを開いてみると、この赤が非常に邪魔です。
どのサイトを見ても鮮やかな赤がブラウジングの邪魔です。
この変更が今回のアップデートで一番キライです。


とにかく元に戻してほしい(´・ω・`)

今まで愛用していたブラウザがこんなことでアンインストール候補になるとは…
Opera Software ASAさんよ、元に戻しておくれ…(´・ω・`)


0 コメント:

コメントを投稿